2015年2月16日月曜日

レタスをパリパリに保存する方法。

レタスをパリパリの状態で保存する方法(自己流ですが)をご紹介します。
レタスはいつもパリパリの状態で食べたいですよね。

でもスーパーで買ってきたレタスをそのまま冷蔵庫に入れているとすぐに萎びてしまいます。
買った時点で萎びてることもありますね。

わたしがレタスを買ってきたときにすることは2つ。
既に萎びていたレタスもすぐに復活します。


1.根元の切り口を包丁で切りなおす。

そのほうが衛生的だろうというつもりでやっています。

ちなみに、この切り口に小麦粉を少量塗りつけるとよいという話も聞いたことあります。
面倒なことは続かないたちなので私はそこまでやってないですが・・・

あと、切り口が茶色くなっているのは切り口から出る白い液が変色したものだそうです。
痛んでいるわけではないようですが、苦みの原因となるようですね。


2.レタスを玉のまま丸ごと水洗い。

水道水で丸ごと水洗いします。
洗ったあとは葉の隙間とか中のほうまで水が入っているので、余分な水けを切ります。
その後はビニール袋に入れて冷蔵庫へ。
※洗った時の水が出てきて袋の中にたまっていることがあるので、気が付いたら腐敗しないようにその水は捨てます。


たったこれだけのことですが、新鮮なパリパリの状態で保存できます。

以上、自己流なのでどこまで正しいかわかりませんが・・・
我が家では今のところ問題なくおいしいレタスを頂けています(^ ^
..

0 件のコメント :

コメントを投稿

あずきふたつぶ。。

気まぐれな日記にお付き合いいただいてありがとう!